福島りょうぜん漬公式ホームページ

福島りょうぜん漬

漬物王子のブログ

ホーム > 会社を存続させ続けることでもSDGsの意義は高くなる

会社を存続させ続けることでもSDGsの意義は高くなる

1834

 

どーもパー

漬物王子(森藤)です

 

 

 

先日、

SDGsについての講演を聞いた

 

 

 

 

 

数年前に何冊か本を読んで

それなりの知識は有ったが

 

 

具体的な事例を聞きながらの

講演だったので

より身近に感じる事ができた

 

 

SDGsは

『Sustainable Development Goals』

の頭文字をとり

持続可能な開発目標という意味

 

 

 

なかなか堅苦しいいいまわしだけど

本質的な所を突き詰めると

 

 

誰一人取り残さずに

平等で平和で安全で

地球環境と共存共栄しながら

成長する社会をみんなで作ろう

 

 

という事と理解している

 

 

 

日本流のSDGsを確立しよう

 

 

この目標を実現するため

17項目に分類し

各項目での目標も細かく決めている

 

 

 

 

ただし、これらの項目は

なにかしらで連動しているから

1つだけ達成ということもない

 

 

例えば

温暖化による影響で海水温が上昇し

タンザニアの海藻産業が

ダメージを受けた事例について

 

 

該当するのは

13番目の気候変動に具体的な対策

14番目の海の豊かさを守ろう

という項目が当てはまるが

 

 

もっというと

海藻の壊滅で生計を立てられなくなったことで

子供たちの教育費が払えなくなったり

海水温上昇の影響でバクテリア問題も

発生している

 

 

 

さらに漁場が浅瀬から沖合になったことで

その地域では

女性が泳ぐのははしたないというものが災いし

仕事が失われるという

タンザニア特有の問題も派生している

 

 

 

ということは

先程の13番14番に加えて

改善すべき項目は

 

 

1番の貧困をなくそう

3番のすべての人に健康と福祉を

4番の質の高い教育をみんなに

5番のジェンダー平等を実現しよう

 

 

といった項目まで

絡んでくることになる

 

 

 

同じ星の同じ人類だもの

目指す目標を一つに決めれば

場所によって様々に問題はあるが

一事が万事そういう物だろう

 

 

 

さて

そんな話を聞きながら

ふと思う

うちの会社はどうなのだろう?

どんなことが出来るだろう?

 

 

 

会社の大方針に沿い

顔の見える近くの農家さんから

美味しい野菜を仕入れて

それを大事に加工し販売する

 

 

働いてくれる人も地元の人

その従業員には家族が居て

もちろん子供も養っている

 

 

商品としてのお漬物は

保存性の高い食材であり

この会社に携わる

パートナー企業様との連携は

決して少なくは無い

 

 

ということは

この会社を通して

成し得る項目を考えてみると

 

 

1番の貧困をなくそう

2番の飢餓をゼロに

4番の質の高い教育をみんなに

8番の働きがいも経済成長も

12番のつくる責任つかう責任

 

 

今まで行っていた経済活動を通して

こういった項目に

沿った行動だったという事になる

 

 

さらに加えるならば

発酵食品として

3番のすべての人に健康と福祉

 

 

女性従業員が多く

役職にもついているし

パートさんから正社員になれる(実例あり)部分をみれば

5番のジェンダー平等を実現しよう

にも当てはまるのかもしれない

 

 

 

いずれにしても

この会社を存続させることで

多くの方の幸せの手助けになっていたり

社会貢献に繋がっていたり

大なり小なりあったのかもしれない

 

 

もちろん

うちの会社は至らない部分の多い

とても未熟な会社です

 

 

まだまだやるべきこともあるし

変えていかなければならない部分も

たくさんある

 

 

その辺を真摯に受け止めながら

だからこそ

 

 

みなさんに育ててもらっている

日々成長させてもらっている

と実感している

 

 

 

 

 

終わりに講演者とお話する機会があった

 

結局17項目を見て

「0から進めよう」も良いけれど

既にやっていた事を

より自覚的に行う事の方が

素直な流れだと言う

 

 

それがり、その延長線で

もっと貢献できる部分を増やしたり

より具体的にしたりすること

 

 

つまり

やれるところから少しづつが大切

とおっしゃっていた

 

 

 

最後に

 

一般的な日本人は

他人の物を奪うという発想もなく

 

 

自分の所も他人の所も大事にし

お互いに安心して安全に

持続的にみんなで生活することにこそ

価値を持っている民族だ

(どこにでも必ず例外はいますが )

 

 

だからこそ冒頭で言った

持続可能な開発目標の本質を

しっかりとわきまえて行けるだろう

 

 

 

ただ一つ懸念があるとすれば

 

 

この決め事は

世界全体で決めている

というところ

 

 

そういう流れって日本的に

今まで散々な目にあって来たよね

 

 

結局最後まで律儀に守り

貧乏くじを引くのは日本

 

 

世界(特にヨーロッパ諸国は)は

表面上、本当に綺麗な正論を並べ立て

みんなでやりましょうと言い

ルール作りや枠組みを作るのが

本当にうまい

 

 

でも実はまったく守る気が無かったり

あるいは利権に絡めて

搾取する側になったりするのが

過去の歴史^^;

(いや今もか・・・)

 

 

だからこそ

日本流として昇華させ

しっかりとしたSDGsの枠組みをつくり

それを守る独自の仕組みも

同時に確立していくことが重要

 

 

 

まずは他国に揺さぶられない日本

ぶれない日本を作ること

 

 

それから目指すべきは

全世界的な人と自然の大調和

 

 

いや~~

でっかいこと言っちまったな(笑)

 

 

 

私の感じた

SDGsについてでした^^

 

 

 

読んで頂き

ありがとうございます
ではまたカナヘイうさぎ

 

IMG_20171125_171805393.jpg

お漬物は美味しさと
健康づくりのハーモニールンルン

 

ダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーン

腸の元気は体の元気☆
そして腸の好物は
植物性乳酸菌と食物繊維
大切な家族のために
そして
お世話になったあの方へ
ご贈答としてお使いくださいクローバー照れ
ネットでの
お求めはこちらからグッド!
↓↓↓↓↓

 

 

お電話でもグッド!

携帯電話024-586-2345

 

 

私のプロフィールOK

健康寿命にこだわる理由グッ

 

 

【SNS関係】

twitter   :郷土の老舗 『福島りょうぜん漬本舗』

facebook : 福島りょうぜん漬本舗

 

 

 

直営店情報です音符バイバイ

 

 

本店
福島市大波字星の宮32

携帯電話024-586-2345

業時間:午前9時~午後6時
定休日: 年中無休(元旦のみお休み)

 

 

丸子店
福島市丸子字中町裏27-1

携帯電話024-554-4065
営業時間:午前9:30~午後6時
定休日: 毎週火曜日(祝祭日を除く)

 

最近の投稿

月別一覧

漬物王子のSNS

旧ブログ

旧ブログ