福島りょうぜん漬公式ホームページ

福島りょうぜん漬

漬物王子のブログ

ホーム > 『足るを知る』

『足るを知る』

1821

 

どーもパー

漬物王子(森藤)です

 

 

3月の終わりに

ハイブリット車に変えた

 

 

それまでも一般大衆車として

使い勝手最強クラスの車(ステーションワゴン)

に乗っていて

かなり気に入っていたけど

 

 

 

残念ながら30万kmを目前に

寿命が来てしまいました

(乗り方が下手だったのもあるけど)

 

 

 

そして

新たな車も最高です^^

 

 

ハイブリットだから燃費が良いし

頑張れば7人乗りできる広さなので

荷物もたんまり積んで

配送できるんですね~^^

 

 

低燃費でたくさん積み込みできる

=最高の車

 

 

という見解です

(商売人の発想だ(笑))

 

 

ちなみに

特段の事情が無い限りは

恐らくこの車が

個人用として最後の車かもしれないと

思っています

 

 

 

価値基準は自分で決めろ

 

 

 

なぜそんなことを言うか

 

 

たぶん10年後には

個人用の車が必要なくなり

その辺を無人で走っている車みたいなものに乗れば

バスの様に目的地へ運んでくれる社会になる

と思っているから^^

 

 

費用はかなり低価格か

もしくは社会インフラとして

タダ(税金でまかなう)だとも思っている

 

 

あくまでも

私個人の妄想ですよ^^

信じなくていいです(笑)

 

 

 

その様に想定していれば

もう買わないでしょ^^

 

 

 

そんな理由を言わずに

「これが最後の車になると思っているんだ~」

と喜んで話すと

 

 

「あんた何言ってんの

もっと頑張って良い車に乗りなさい!!!」

とか言われる

 

 

もともと

あまり高級車とかに興味が無い

高級腕時計とかにもね

 

 

 

28歳で

今の会社に戻ってからこれまで

色んなものを半強制的に

剥がされてきた人生

 

 

その中で

色んな物欲も無くなった

 

 

当時は

そんな自分の境遇を最悪だと思っていたが

今では逆にありがたいことだったかもしれない

とも思う

 

 

 

 

みんなは

足るを知るって言葉

聞いたことある?

 

 

 

年収400万の人が500万を目指し

年商3億を稼いでる人が10億を目指し

それを越えたらもっと高見を目指す

 

 

アパートの人は

広い家を買いたいと思い

 

 

それが叶えば

大きな車だって欲しくなる

車が手に入れば

次はもっと高級な車が欲しくなる

 

 

 

休みの日は

美しいリゾート地へ行って

美味しい物を食べて

みんなで楽しくワイワイする人生

 

 

だから稼ぐんだ

いくらでも稼ぐんだ

 

 

 

これって

普通の夢だよね

 

 

 

そして今の世の中そう考えるのが

正常だとずっと学んできた

 

 

 

でも、あるときふと思う

 

 

この世に一生延び続ける物ってあるの?

経済も資本主義もそれを前提にして

全てが進んでいるけれど

それって大丈夫か?と

 

 

 

 

そして

もっと重要だと思うポイントとして

盲点になっているところが

際限なく求めれば

その夢はいずれ苦痛(不幸)に変る

 

 

 

家を持つ人は

別荘を持ちたいと思い

それが成功者の条件だから

持っていなければまだ幸せではない

自分で決めたり

(そう思った瞬間に

幸せと不幸せの境界線が出来る)

 

 

 

年収700万も稼いでいる

ほぼ成功者なのに

その人が心の中で

他の奴が1000万稼いでいるのに

おれはまだあいつに勝てていない

 

 

ということは

まだお金持ちとは自分自身が認めない

と勝手に自分で思い込み

 

 

だから今はまだ幸せの外にいると

これまた勝手に不幸せ認定する

 

 

 

あらゆる出来事に対して

何かと比較して

自分自身で勝手に不幸であり

そんな境遇の自分を苦痛な状態だと

自己認定してしまうわけだ

 

 

誰でも似たような経験あるでしょ

 

 

 

何を言いたいかと言うと

 

 

そういった

社会通念的な幸せ観

わざわざ自分の幸せに

当てはめる必要はない

ということを言いたい

 

 

 

成りたい自分を目指すのはいいことだけど

そうではない今の自分を

不幸せと認定する必要もない^^

 

 

 

足るを知るって

そういう事なのかなと思う

 

 

 

その価値基準の中心にある

『お金』についても言いたい

 

 

 

コンビニやスーパーへ行って

お金を払えば何でも買える

 

 

でもそれは

お金を持つ人が偉いかと言えば

そういうわけではない

(もちろん労働力への対価なので価値は有る)

 

 

本当にスゴイのは

なにかを作り育てられる人であって

買っている人ではない

 

 

お金を払うという意味は

感謝の対価としての支払なのだから

 

 

 

ある人の能力(チカラ)が

他の人の幸せに繋がる

 

 

それは食べ物を美味しく作られる人だったり

マッサージなどで体調を改善できる人だったり

髪を整える能力だったり

材木を切り美しい家を作る能力だったり

 

 

その価値を作った人への

評価の表れ(数値化)が

代替産物である紙幣(お金)なだけだ

 

 

そう考えれば

価値そのものでもない紙幣を

どれだけ持っていようが

そこには本来価値も無いのに

 

 

 

どうしても数字の書いてある紙

そのものに価値を見出しがちになる

 

 

 

一旦冷静に成れ!!!

お金(紙)その物に価値は無いぞよ!!!

 

 

価値とは

人の手(技術)の中にあるものだ

 

 

 

 

立場上

まあまあの金額を右から左へ

動かすことがある

残念ながら1円たりとも留まらないけど・・・

 

 

 

そんな経験からも言えるんです

紙幣(お金)になんか惑わされないぞ!!!

とね

(ホントかよ俺ドキドキ)

(実際目の前に札束が

ドスンドスンと積み上げられたら

揺ら~~~っと・・・^^;)

 

 

 

とにかく色んな経験を繰り返しながら

足るを知れば

 

 

大枚はたいて飛行機に乗って

離島へバカンスに行かなくても

 

 

 

庭先で家族団らんバーベキュー出来て

心が満足するならそれで十分に幸せだ

(お金もかからない)

 

 

 

 

 

他人(社会)が良しと思う事を

自分の良しと思う必要はなく

 

 

自分の良しこそが

自分の良しなんです

 

 

 

シンプルに考えれば

そんなもんです^^

 

 

 

 

超高級ステーキは

たまに食べるからこそ価値がある

 

 

 

毎日食べるんなら

漬物とご飯とみそ汁で十分

 

 

 

 

 

それが私の幸せ^^

安いでしょ(笑)

 

 

足るを知ってますから

 

 

 

気のみ気のまま

気楽に生きましょう♪

 

 

 

 

PS.

ちょっと矛盾を含みますが

社会は沢山の人の集合体だからこそ

ようやく成立しています

 

 

『大調和』の土台があってこそ

『個』が成立できるということ

 

そこははき違えない様にお願いします

 

 

最近多いでしょ

狂った個人主義

 

 

これは今日の話し

『自分が良いと思うものが良い』とは

また別の話です

(一応補足しておきます)

 

 

 

 

読んで頂き

ありがとうございます
ではまたカナヘイうさぎ

 

IMG_20171125_171805393.jpg

お漬物は美味しさと
健康づくりのハーモニールンルン

 

ダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーン

腸の元気は体の元気☆
そして腸の好物は
植物性乳酸菌と食物繊維
大切な家族のために
そして
お世話になったあの方へ
ご贈答としてお使いくださいクローバー照れ
ネットでの
お求めはこちらからグッド!
↓↓↓↓↓

 

 

お電話でもグッド!

携帯電話024-586-2345

 

 

私のプロフィールOK

健康寿命にこだわる理由グッ

 

 

【SNS関係】

twitter   :郷土の老舗 『福島りょうぜん漬本舗』

facebook : 福島りょうぜん漬本舗

 

 

 

直営店情報です音符バイバイ

 

 

本店
福島市大波字星の宮32

携帯電話024-586-2345

業時間:午前9時~午後6時
定休日: 年中無休(元旦のみお休み)

 

 

丸子店
福島市丸子字中町裏27-1

携帯電話024-554-4065
営業時間:午前9:30~午後6時
定休日: 毎週火曜日(祝祭日を除く)

 

最近の投稿

月別一覧

漬物王子のSNS

旧ブログ

旧ブログ