福島りょうぜん漬公式ホームページ

福島りょうぜん漬

漬物王子のブログ

ホーム > さすが甘酒♪ 醗酵食品の仲間だ

さすが甘酒♪ 醗酵食品の仲間だ

1564

 

 

どーもパー

漬物王子(森藤)です

 

 

さて

新漬販売会』2日目

 

 

昨日もお陰様で

コロナ禍にも関わらず

多くの方に来ていただきました^^

 

 

沢庵も

社会情勢を踏まえて

それなりの量で用意していたけど

あっという間に無くなる

 

 

毎年来てくれる方は

どんな状況でも来てくれるものだと

ありがたい気持ち一杯です

 

 

甘酒のチカラ!!!

 

 

例年だと

芋煮を振る舞っていたけど

 

 

今回は

福島りょうぜん漬特製の

『甘酒』にした

 

 

甘酒は

米と麹をくつくつと煮込んだだけの

昔ながらのシンプルなものだ

 

 

 

にも関わらず

あの甘さは

どこから来るのか?

 

 

しかも

『飲む点滴』

良く言われるくらい栄養も抜群だ

 

 

実際に調べてみると

甘酒に含まれる

ブドウ糖は麹菌によって

すでに分解済みだから

効率的に身体に吸収できる

 

 

さらにアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなど

豊富に含まれていて

 

 

それらの成分が

ほぼ点滴と同じ

 

 

やるな~『甘酒』

 

 

福島りょうぜん漬に来て

振舞い甘酒を飲み

お漬物を食べる

 

 

 

それだけでも

この冬を越すための

栄養はバッチリだよね^^

 

 

 

今日も

10:00から14:30まで

やっているので

 

 

お時間がありましたら

ぜひ来てね♪

 

 

 

では、今回の主役

新漬たくあんと浅漬け高菜のことも

まとめときますね

 

 

新漬たくあん

↓↓↓

新漬の沢庵には

鮮度のよい辛みが残っている

 

 

それを甘みのある糠(ぬか)に

漬け込むことで

今の時期にしか味わえないものに

仕上がる

 

 

 

 

古漬けなんだけど

鮮度の高い歯ごたえと甘みを残しつつ

新鮮な辛みもほのかに感じる

 

 

漬物屋も手放しで

大絶賛の沢庵だ(笑)

 

 

そんな新漬たくあんを

この2日間の価格は

1本200円(税込)で

一人2本までとさせてもらいます

 

 

 

 

それと

『浅漬けの高菜』

 

 

 

 

 

大根同様、鮮度の良さが辛みを含み

その辛みと調味液が混ざりあう事で

食べる者の食欲をそそる一品

 

 

 

大波の本店

福商通りの丸子店

2店舗で行っていますので

 

 

皆さまのお越しを

お待ちしております

 

 

 

 

ではまた明日♪

 

 

 

 

 

読んで頂き

ありがとうございます
ではまたカナヘイうさぎ

 

IMG_20171125_171805393.jpg

お漬物は美味しさと
健康づくりのハーモニールンルン

 

ダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーンダイヤグリーン

腸の元気は体の元気☆
そして腸の好物は
植物性乳酸菌と食物繊維
大切な家族のために
そして
お世話になったあの方へ
ご贈答としてお使いくださいクローバー照れ
ネットでの
お求めはこちらからグッド!
↓↓↓↓↓

 

 

お電話でもグッド!

携帯電話024-586-2345

 

 

私のプロフィールOK

健康寿命にこだわる理由グッ

 

 

【SNS関係】

twitter   :郷土の老舗 『福島りょうぜん漬本舗』

facebook : 福島りょうぜん漬本舗

 

 

 

直営店情報です音符バイバイ

 

 

本店
福島市大波字星の宮32

携帯電話024-586-2345

業時間:午前9時~午後6時
定休日: 年中無休(元旦のみお休み)

 

 

丸子店
福島市丸子字中町裏27-1

携帯電話024-554-4065
営業時間:午前9:30~午後6時
定休日: 毎週火曜日(祝祭日を除く)

 

 

保原店
伊達市保原町字城ノ内3-1

携帯電話024-576-2117
営業時間:午前9:30~午後6時
定休日:毎週火曜日(祝祭日を除く)

 

 

二本松店
二本松市松岡194-2

携帯電話0243-23-1712
営業時間:午前9:30~午後6時
定休日:毎週火曜日(祝祭日を除く)

最近の投稿

月別一覧

漬物王子のSNS

旧ブログ

旧ブログ